L@くじけぬ心’s FEZPlayDialy

ファンタジーアース ゼロ(FEZ)のプレイ日記です

2018.02.04

f:id:lycan:20180204101304j:plain

アンバーステップの南東の裏オベ破壊ツアーの一行です♪

この後、敵から追われながら裏オベを殴っていたのですが…

f:id:lycan:20180204101320j:plain

一人取り残されてしまいました。。

f:id:lycan:20180204103410j:plain

追ってきている敵は魔道具皿と短スカの2名。

f:id:lycan:20180204103908j:plain

とりあえず味方のスカフォに隠れてエンダーをかけ直しました。

この付近で粘れればよいかなという思いでした。

f:id:lycan:20180204104055j:plain

すると、ちょうど隠れていたスカフォの裏で敵の短スカがハイドをしますが、

f:id:lycan:20180204104226j:plain

f:id:lycan:20180204104404j:plain

ハイドの硬直が長かったので、バッシュが間に合いました。

大剣に持ち替えて、短スカを倒します。

最初から敵のHPが少し削れてて助かりました。

これでHPが満杯だと倒しきれない可能性が高かったので。。

f:id:lycan:20180204104758j:plain

この後、魔道具皿にスラムで距離を詰めて、外したサンボル(?)の硬直にスラムを当てます。

f:id:lycan:20180204104943j:plain

起き上がりにサンボル(?)を撃ったようですが当たらず、バッシュが成功します。

立て続けに当たらないと自分がラグっていないか、気になりますね。。

もしラグってたら申し訳ないです。。

f:id:lycan:20180204105159j:plain

f:id:lycan:20180204105357j:plain

バッシュ状態の敵にスマ2発を撃って、追撃にアサルトエッジでトドメを刺しました。

これでまた裏オベを殴っていようかと思ったのですが、

f:id:lycan:20180204110038j:plain

f:id:lycan:20180204110135j:plain

短と弓のスカ2名に囲まれてました。

f:id:lycan:20180204110353j:plain

すぐに1対1に持ち込めた先程とは違い、2名を同時に相手にするのは辛いです。

火力がないのが幸いなので、とにかく妨害だけは貰わないように注意したかったのですが、闇をもらってしまいます。

f:id:lycan:20180204110655j:plain

闇状態だと、まともに動けないので距離を取って回復を待ちます。

この時点で分かったのは弓持ちはハイブリではなく純粋な弓である可能性が高いことでした。かなり近接まで近寄ったのですが持ち替えされなかったことが判断材料です。

そうであれば、闇でも短スカの方だけ注意していても割りと大丈夫かなと思い、位置だけは気をつけていました。

f:id:lycan:20180204111452j:plain

闇が解除されたので、弓スカに近寄っていくフリをしつつ、

f:id:lycan:20180204111613j:plain

短スカをおびき寄せます。この時点で敵がハイドして後ろに回り込んでいることは分かったので、弓スカの方に動いてますが、視線はほぼ後ろに向けて、バッシュ圏内に来ることを待ってました。

f:id:lycan:20180204111811j:plain

f:id:lycan:20180204111909j:plain

f:id:lycan:20180204112200j:plain

f:id:lycan:20180204112433j:plain

バッシュ状態にブレイズx4を当てて、スラムで一度距離をとって、追撃にアサルトエッジでトドメを刺しました。

f:id:lycan:20180204112727j:plain

弓スカには逃げられちゃいました。

思ったことは色々とあります。

やはり鰤は強いなーということ。

1人でも火力もそれなりにあるし、バッシュやスラムで状況を変えれるのは大きかったです。

それと私みたいに敵に裏にこもられた場合、火力がない職で対応するのはしんどいということ。

どうしても向かう味方の構成上、しょうがないことはありますが、ウデマエが低い私でもここまでやれることもあるので、自分が対応する時でも気をつけたいです。

そして今回うまくいったのは、かなり運がよかったということ。

敵の職業の構成もそうですし、例えば最初の短スカをすぐに倒せなかったら4人に囲まれてたかもしれませんし、例えばサンボルが当たっていれば3人相手に囲まれていたかもしれません。運がよく、うまーーく事が進んでくれた感じですね。

それでもとっても楽しくて、1人でここまでやれたことがなかったので詳細に書いて残しておくことにします(゚∀゚)アヒャ

(C)2005-2018 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved.